男はつらいす

気力体力文才趣味特技無し、時間だけはある中年男の日記です。

美味しいとは?

自分はふじ食堂の中華そばが好き。

でも、はじめて食べた時はなんじゃこりゃと思った。

麺はのびている。

業務用スープに店の出汁入れて、麺もスーパーで買えるやつだし。


なんでこの中華そばが好きになってしまったの?

ばかっぱ親父は考えた。


何回も食べてる(出前で)(楽だし)と味が脳に刷り込まれて好きになってしまうのかね。

恋心とかも同じ(何回か会うと好きなる)原理みたいな。

多分脳のメカニズムなのだね。


という事はお客様に何回も来てもらううちにこの味がスタンダードとして刷り込まれ

『腹が減ったからかもめ亭行くか!』

ってなるかもしれない。


どうすれば何回も来てもらえるか?

美味しいだけでは不十分。

安い(コスパ)のも大事。

ポイントカードとかトッピング券はしゃらくさいので却下。


うーむ。


あっ、いい事思いついた💡

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。